おうちであそぼう♪

平安時代の遊びや文化を学びながら楽しくあそぼう♪

家族で遊べる 平安時代のボードゲーム『盤双六(ばんすごろく)』

盤双六とは、平安時代に、貴族から庶民まで位の上下に関係なく、大変人気のあったボードゲームです。
当時はみんなが夢中になりすぎ、禁止令がでたほどでした。
『枕草子(まくらのそうし)』や『鳥獣人物戯画(ちょうじゅうじんぶつぎが)』にも登場します。
たし算ができれば誰でも簡単にできるゲームです♪
4種類の遊び方の中から今回は『つみかえ』をチャレンジ!家族みんなで遊んでね♪


 ★準備するもの★
 ・白と黒のコマ15個ずつ(ぼたん、おはじきなどでもOK)
 ・サイコロ2個
 ・サイコロを入れる筒(紙コップなど)
 ・盤双六シート(PDFをダウンロードして印刷してね)
 ・あそびかたシート(PDFをみてね)

あそびかたシート        盤双六シート

※盤双六キット(¥100税込み)は当館で販売しています。詳しくはお問い合わせください。

 

外であそぼう★蹴鞠(けまり)体験

蹴鞠は飛鳥・奈良時代に中国文化と一緒に日本に伝わり、平安時代に貴族の遊びとして盛んに行われました。
現代のサッカーとは違って、右足の甲でしか蹴ってはいけません。6~8人のプレーヤーが鞠(マリ)を落とさないように蹴り続けるゲームです。
『蹴鞠名人』をめざして、いざ!チャレンジ!!

 ★準備するもの★
 ゴムボール(直径12~15cmくらい)
  ※空気の抜けたゴムボールを用意します
 ・カッターナイフなど先のとがった物
  (手芸道具のリッパ―がおすすめ)
 ・蹴鞠ノススメ(PDFをダウンロードして印刷してね)

 

 

 

   蹴鞠ノススメ


ぬりえであそぼう💛 

◆めぇめぇとカモ~ん

 めぇめぇとお友達のカモ~んです☆
 ひまわり畑で遊んでます♪
 画像をクリックして、ぬり絵を楽しんでね♪
 


※ぬり絵のバックナンバーはこちら