盤双六をやってみよう

盤双六(ばんすごろく)とは

  •  これは、日本で最も古い盤上遊戯で、その源流はインドに求められ、中国から朝鮮半島を経て日本に伝えられました。
     7世紀後半には、すでに天皇以下貴族の間で行われていたと考えられ、正倉院には当時の技術の粋を尽くした盤双六(木画紫檀雙六局)が3面残されています。
     古代においてこの遊びは、とても流行ったようで、持統天皇3年にはすでに禁止令が出されるほどになっています。貴族から庶民まで位の上下を問わず親しまれました。
     貴族から庶民まで大人気であったボードゲームにチャレンジしましょう。
    遊び方は全4種類です。
商品イメージ

 


 

体験料 無料
対象 一般(小学3年生以下は保護者同伴)
開催日時 2022年 4月9日(土) 7月31日(日) 11月12日(土)
2023年 1月8日(日) 
※各日ともに10:00~16:00(ただし12:00~13:00を除く)            
予約 当日受付