盤すごろく大会

盤すごろくとは

  • 盤双六(ばんすごろく)は向かい合う12個ずつの長方形のマス目で15個のコマをサイコロの目数に従い移動させて競い合う、1対1の遊びです。
  • これは、日本で最も古い盤上遊戯で、その源流はインドに求められ、中国から朝鮮半島を経て日本に伝えられました。
  • 7世紀後半には、すでに天皇以下貴族の間で行われていたと考えられ、正倉院には当時の技術の粋を尽くした盤双六(木画紫檀雙六局)が3面残されています。
  • 古代においてこの遊びは、とても流行ったようで、持統天皇3年にはすでに禁止令が出されるほどになっています。貴族から庶民まで位の上下を問わず親しまれました。
商品イメージ

 


大会要項

小学生と一般(中学生以上)に分かれて予選・本選を行います。

大会日時 予選 : 2019年2月9日(土)10:00~15:00頃
本選 : 2019年2月10日(日)10:00~15:00頃
定員 小学生・一般ともに各36名(先着順)
場所 いつきのみや歴史体験館 他
申込期間 2018年11月1日(木)9:30~2019年1月14日(月・祝)17:00

 

 

対戦方法:つみかえ 詳しいルールはこちらのPDFをご覧ください。

※メディアへの情報提供の為、撮影等をします。あらかじめご了承ください。

 

申込み方法

 ・電話またはメールにて受付(開館日の9:30~17:00) 

   TEL 0596-52-3890  E-mail info@itukinomiya.jp

 ・氏名、年齢(学年)、住所、電話番号をお聞かせください。(中学生以上は一般)

 ・申込期間  2018年11月1日(木)9:30~2019年1月14日(祝・月)17:00