四季展示 いつきのみやの秋 「重陽の節句」

重陽の節句  2020年9月1日(火)~9月13日(日)終了しました

中国では縁起の良い数字を陽とし、陽の中でも一番大きな陽数「9」が重なる日の9月9日を「重陽の節句」とします。別名「菊の節句」とも呼ばれます。現代ではあまりなじみの少ない節句ですが、長寿と健康を祈りました。平安時代の重陽の節句の様子を紹介します。菊のきせ綿、菊酒、また現代の菊の小物なども集めました。他にも洲浜など華やかな節句をお楽しみください。無料体験では菊のしおり、ブックカバーを作っていただけます。

 


体験コーナー  終了しました

 

 


 

  • ◆菊のブックカバーを作りましょう。
     【用意するもの】
      A4サイズの紙 折り紙 はさみ のり 
  •  【作り方】
      ①「ブックカバーの台紙」をプリントします。
      ②「つくろう 型紙」をプリントします。
      ③「ブックカバーの作り方」を参考に作ってみましょう。

    ◆菊のしおりを作りましょう。
     【用意するもの】
      折り紙 2枚 ひも15cm程度 はさみ のり 穴あけパンチ
  •  【作り方】
     ①「つくろう 型紙」をプリントします。
     ②「菊のしおりの作り方」を参考に作ってみましょう
     
  •   
つくろう 型紙 ブックカバーの台紙 ブックカバーの作り方 菊のしおりの作り方

※PDFの印刷サイズはA4サイズです。