追儺のまつり 12月20日(日)13:30~14:30 開催 

追儺(ついな)のまつりとは…

『追儺』とは、平安時代の宮中で行われていた大晦日の夜の行事。人々は、それぞれの心に潜む目に見えぬ”鬼”を追い払い、新しい年に幸多からんことを願いました。

 古代の儺(な)のまつりでは、陰陽師(おんみょうじ)が ”鬼” を追い払う祭文を読み、方相氏(ほうそうし)が盾と矛を打ち鳴らしながら、侲子(しんし)を従い、貴族たちが桃の木の弓で矢を射て、見えない鬼を追い出す…という儀礼がありました。

 当館では『追儺』の儀式を再現します。ご来場いただいた皆さんと儀式を一緒に体験します。陰陽師、方相氏、侲子と共に、当館周辺を練り歩き、その後『けじめの弓矢』として、簡単な弓矢で鬼の的に矢を射ていただきます。

 行く年にけじめをつけて新しい年を迎えましょう。

 

 




 

 

陰陽師・方相氏・侲子・おばけが儀式に登場します!

方相氏
四ツ目のお面をつけ盾と矛を打ち鳴らしながら、鬼を追いはらいます。
陰陽師
祭文を読みあげ、目に見えぬ鬼を追いはらいます。
侲子
方相氏、陰陽師らと共に練り歩き鬼を追いはらいます
おばけちゃん
マントを身に着けおばけちゃんのお面をつけます

 ※写真は2019年度


儀式「祭文・練り歩き・けじめの弓矢」 

 当館の中庭で追儺の儀式を再現します。儀式では、陰陽師が祭文を読み、目に見えない”鬼”を追い払います。参加者の皆さんもと供に陰陽師らと体験館周辺を練り歩き、最後に”けじめの弓矢”を射ていただきます。
 儀式に参加していただける先着100名の参加者の方には、丸餅をプレゼント。
 

 ◆参加受付開始時間 13:00~13:30

 ◆儀式開始時間 13:30~14:30

 ◆場所   いつきのみや歴史体験館と周辺

 ◆儀式に参加される方は、軍手または手袋をご持参ください。

 ◆参加者特典 参加者の先着100名様に丸餅をプレゼント(整理券は受付時に配布) 

 

お楽しみいろいろ♪

♡儀式に参加していただくと丸餅をプレゼント(※参加者の先着100名様、受付時に整理券を配布)します。
 まつりの終了時に丸餅をお渡しいたします。

♡いつきのみや歴史体験館受付で、「お面を作って見せにきてくれた方」「合言葉『なやろー』と言ってくれた方」におばけちゃんの缶バッチをプレゼント(先着100名)。※おひとりさまにつき1個限り

どどろ かぶりん めりゅー てんぐう やっほー

おばけちゃんをダウンロードしていただき、色を塗ってお面を作ってくださいね