追儺のまつり  (平成30年12月23日開催)

追儺(ついな)のまつりとは…

『追儺』とは、平安時代の宮中で行われていた大面楚歌のの夜の行事。人々は、それぞれの心に潜む目に見えぬ”鬼”を追い払い、新しい年に幸多からんことを願いました。

 古代の儺(な)のまつりでは、陰陽師(おんみょうじ)が ”鬼” を追い払う祭文を読み、方相氏(ほうそうし)が盾と矛を打ち鳴らしながら、侲子(しんし)を従い、貴族たちが桃の木の弓で矢を射て、見えない鬼を追い出す…という儀礼がありました。

 当館では『追儺』の儀式を再現します。追儺にまつわる講演会のあと、ご来場いただいた皆さんと儀式を一緒に体験します。陰陽師、方相氏、侲子と共に、当館周辺を練り歩き、その後『けじめの弓矢』として、簡単な弓矢で鬼の的に矢を射ていただきます。

 行く年にけじめをつけて新しい年を迎えましょう。

 案内チラシ




 

 

陰陽師・方相氏・侲子・おばけ役を募集!!

「陰陽師」「方相氏」「侲子」の主役3役と「おばけ役」を募集します。平安時代の衣装を着て、まつりを盛り上げてください。元気な方、大きい声が出せます!という方、ご応募お待ちしております。

募集期間:平成30年11月1日(木)9:30~11月20日(火)17:00まで

お問合せ・申し込み:いつきのみや歴史体験館 TEL0596-52-3890

  陰陽師 方相氏 侲子 おばけ
性別 男女不問 男性 男女不問 男女不問
身長 150~175cm未満 170cm以上 140cm前後 不問
年齢 不問 不問 小学生 4歳以上の未就学児
募集人数 1名 1名 3名 7名

※応募者多数の場合は、11月21日に公開抽選を行い決定いたします。

※12月1日(土)13時~15時に打合せと衣装合わせを行います。


                  陰陽師(おんみょうじ)

         

 

 

 

  • 式を取り仕切る役
  • 直衣姿で祭文を読み上げていただきます。
  • 「なやろー」のかけ声をかけ、体験館周辺を練り歩きます。
  • 「けじめの弓矢」の合図の太鼓を打ちます。
  • ご来場の皆さんに、お餅を渡していただきます。
  

 

                   方相氏(ほうそうし)

 

 

 

 

 

 

                        侲子 (しんし) 

 

 

 

 

 

 

おばけ

 

 

 

 

 

 

                                         

 

  • 紺の衣に朱のハチマキ姿、弓矢を持った子供の役。
  • 「なやろー」のかけ声をかけ、体験館周辺を練り歩きます。
  • ご来場の皆さんに、お餅を渡していただきます。

     

     

  • 黒い衣装と朱の裳を着て、高下駄を履く四ツ目の大男、鬼を追い払う役。
  • 盾と矛を打ち鳴らし、「なやろー」のかけ声で行列を先導します。
  • ご来場の皆さんに、お餅を渡していただきます。

 


 

 

  • マントとおばけのお面をつけ、陰陽師に追い払われる役目。
  • 方相氏、陰陽師、侲子らと共に、大きな声で「なやろー」と掛け声をかけ、行列を盛り上げます。
  • ご来場の皆さんにお餅を渡していただきます。