四季展示 いつきのみやの春 「端午の節句」

【菖蒲縵(しょうぶかずら)

菖蒲を編んで作られた飾りを身につけることで、邪気邪悪をさけるとされていました。

菖蒲縵の作り方については『九歴(きゅうれき)』(藤原師輔の日記)に、「菖蒲草九寸ほどの短いものを冠に二筋ずつ、これと長いもの二筋の計六筋をもって冠をめぐって前後にあてる。…」などと記されています。宮中では天皇が菖蒲縵をかけて、また群臣も同じように菖蒲縵をかけて参列し儀式を行いました。

 

 平安時代の端午の節句の行事 

五月五日は、天皇が走馬や騎射を観るといった行事が行われました。そして奈良時代の『続日本紀』には、聖武天皇が南苑(なんえん)に騎射走馬を観たこの日に、出した詔(みことのり)が記されています。それは、「昔は五月五日の節会には必ず菖蒲の縵(かずら)を用いていたのに、このところは行われていない。今より以後菖蒲の縵を身につけないものは参内を許さない」というものです。五月五日と菖蒲、これは聖武天皇以前からセット関係にあったようです。

平安時代を迎えても端午における菖蒲の地位は健在です。『西宮記』には、三日から五日にかけて準備される菖蒲輿(しょうぶこし)、内裏の屋根への菖蒲葺き、そして薬玉など、菖蒲にまつわる品々が賑やかに名前をのぞかせています。


菖蒲飾り































































 

【菖蒲輿(しょうぶこし)】

『西宮記』には5月3日から始まる菖蒲飾りの次第が記されています。それによるとまず三日に『菖蒲輿』を紫宸殿の南庭に設置したとされています。

菖蒲輿は『内裏式』『貞観儀式』『延喜式』に菖蒲机・菖蒲草・菖蒲蓮として登場します。柱の上に小屋根、下に棚がありその棚に菖蒲を置いたものです。

始めの頃は、屋根に葺くための菖蒲を運び入れるものであったと考えられていますが、時代とともに輿の屋根も菖蒲の積み方も美しくなり、後には菖蒲御殿などとも呼ばれるようになりました。『内裏式』の時代から近世に至るまで続いたようです。

『年中行事絵巻』の献菖蒲の場面に描かれている菖蒲輿は、南階の両脇に三脚ずつ立てられています。『雲図抄』には菖蒲輿を置く位置などが記されています。

 

【菖蒲葺き(しょうぶふき)

端午の日に菖蒲と蓬を屋根に葺くことによって、邪気を祓ったもので、平安時代によりみられた風習です。

『西宮記』によると禁裏では四日の夜に主殿寮が内裏殿舎に菖蒲を葺いた。『枕草子』には貴族から庶民にいたるまでことごとく菖蒲を葺いたと記されており、平安時代から庶民に浸透していったことがわかります。近世の京都の年中行事をしるした『日次紀事』にも「市中ノ家々菖蒲艾(よもぎ)ノ葉を挿す」とあり、時代を経た近世においても盛んであったようです。さらに現在でも京都には菖蒲を葺いているところがあると聞かれます。

【薬玉(くすだま)】

中国では長命縷(ちょうめいる)・続命縷(しょくめいる)といわれ、『荊楚歳時記』などにもみられます。菖蒲や蓬など時節の薬草を5色の糸で結び、長く垂らしたもので、五月五日に御帳に掛けたり、身につけると悪気を払い、寿命が延びると考えられていたようです。

日本では摂関時代に宮廷行事を集大成した書物『西宮記』に記されていて、五月五日に糸所より奉られ、昨年秋の重陽の茱萸嚢(しゅゆのう)の飾りに代えて御帳に柱に掛けられ、群臣にも下賜されたとあります。

『枕草子』などの王朝文学にも、薬玉を身につけたり、贈答したりしていたことなどが描かれています。

 

【菖蒲について】

菖蒲や蓬は我が国においても古くから身を守る植物として用いられていたようです。人々は、強い香りが邪気を払い、疫病から身を守ってくれると考えたからです。

現在も菖蒲湯の風習などがありますが、古くから冠や髪に挿して身につけたり、屋根に葺いたりして用いていました。

菖蒲は、花菖蒲とは種が異なるサトイモ科の多年草で、全体に香気があり、この独特な香りはアサロンという成分によるものです。池や川のふちに群生し、初夏に淡黄色の小花の密集した5cmほどの円柱形の花穂をつけます。

紫などの花が咲くあやめ、はなしょうぶ、かきつばたはアヤメ科の植物です。